ビットコインの利便性と時代背景

ビットコインが世界中で使われている一番の理由は、その利便性です。
お金として日本円やドル、世界中の貨幣と交換出来るのはもちろん、
スマートフォン1台でお金やクレジットカードと同様に瞬時に支払いが出来るので、
銀行も財布もいらない。

さらに国内はもちろん、海外送金もインターネット経由で瞬時に出来、
手数料も数十円と、

通常であれば着金まで数日、
手数料も数千円かかる銀行顔負けのパフォーマンスを発揮。

島国の日本はまだ出遅れているくらいで、
違う文化の国と国が隣接する海外ではビットコインは遥かにメジャーで、
広く当たり前の様に利用されているのです。

それだけではありません。

海外、特に貧しい国々では銀行が少なく、
銀行口座を持っている人は極端に少ない現状をご存知でしょうか?

世界の人口で見ても、72億人の内、
銀行口座を持っているのが12億人。

日本をはじめ、発展国と呼ばれる国のほとんど人が銀行口座を持っている事を考慮すると、
かなり少ない事がわかります。

私たちが生活をする上で、銀行口座やお金を預けたりする場所がないと想像すると
、すごく不便ですよね?

それに比べ、スマートフォンを持っている人は
72億人中、53億人。

なんとかなり多くの割合の人がスマートフォンを所持しているのです。

【スマートフォンは持っているが、銀行口座が持てない。】

そんな多くの人達の悩みを解決したものこそ、
”ビットコイン”だったのです!

スマートフォンさえあれば、ビットコインをアプリ上で管理出来る為、
お金を預けておく事も出来ますし、支払いなども瞬時に行う事が出来ます。
もちろん、パスワードやセキュリティーを強く設定しておけば、
万一スマートフォンを紛失したとしても
ビットコインが盗まれるという心配を回避できます。

また家族が別の国に出稼ぎに行ったり、離れて暮らす文化が日本よりも強い海外では、
前述した海外送金などのメリットの影響も大きく、世界中で普及していっているのです。

この記事へのコメント

最近の記事

人気記事